代理店で自動車保険の契約をする場合

自動車保険の加入方法の一つとして代理店で契約するという方法があります。代理店での契約はもっとも一般的な加入方法ですが、具体的に他の加入方法と比べてどのような違いがあるのか知らないという人もいるでしょう。そこで、代理店での加入についてポイントに分けて紹介します。

良い代理店選びの方法

専業代理店と副業代理店のどちらを選べばいい?

自動車保険に加入する方法には、インターネットで直接契約する方法と代理店を通して契約する方法の二種類があります。さらに代理店には保険販売だけを専門に行っている専業代理店と保険以外にも事業を行っている副業代理店の二種類に分かれます。もし代理店を通して自動車保険を契約したいと考えているのであれば、専業代理店を選ぶことがポイントになります。自動車保険のプロである専業代理店に頼めば、万が一事故などが起こった場合に迅速に対処してもらうことができるからです。専業代理店で働いている人は保険の知識を豊富に持っています。したがってレアなケースの事故が起きた場合でも、その知識を活かしてしっかり保険請求を行ってくれる可能性が高いからです。

専業代理店を選ぶポイントとは?

良い専業代理店を選ぶ場合のポイントは、従業員が3人以上いるところを選ぶことです。自動車保険の代理店は、個人のみで経営しているところも多くありますが、なるべく従業員が多いところを選ぶのが大切です。なぜ従業員が多いのがいいのかというと、売上が高い代理店の方が、保険会社に対して発言力が高いからです。他にも渡された名刺に記入されている資格をチェックすることもポイントになります。仕事に熱意のある代理店の営業であれば、保険に関するさまざまな資格を持っているからです。ファイナンシャルプランナーなどの資格を持っていれば、お金に関するあらゆることを相談することもできます。連絡したらすぐに電話に出てくれるという点も重要です。電話にすぐに出てくれるのは、事故などが起こった時に安心感につながります。

ネットで自動車保険の契約をする場合

自動車保険の加入方法の中でも最近特に急増しているのがネットを使った方法です。ネット上でも保険の広告を見かけたことがあるという人は少なくないでしょう。そこで、ネットでの自動車保険の加入について知っておくと役立つポイントをいくつかに分けて紹介します。

自動車保険の種類について

自動車保険は、強制保険と任意保険と言われるものがあります。前者は自動車を運転する際に加入が義務付けられている自賠責保険であり、後者は強制保険の保険金を超えるような損害に備えた保険のことです。