ネットでの契約のデメリット

対面で相談ができない

ネット型の自動車保険は場合によっては保険料が店舗型自動車保険の半額近くになるという事もあり、その値段の安さが最大のメリットとなっています。しかしながらネット型自動車保険ならではのデメリットもあるためその点には注意が必要です。まずネット型自動車保険はすべてインターネット上で手続きが行われますし、店舗を持たないため担当者と実際に顔を合わせて話すという事ができません。この点に不安を感じる人が多いのは事実です。しかしながら問題をすべて自分で解決しなければいけないというわけではなく、ネット型自動車保険にはコールセンターを設けているところがほとんどなので困ったことや相談したいことがあればコールセンターに電話をすることで問題を解決してくれます。

補償内容は自分で組み立てなければいけない

対面で相談できないこと以上に気を付けなければいけないのが、保険の補償内容は基本的に全て自分で決めなければいけないという点です。店舗型の自動車保険であれば担当の人と実際に相談しながら必要な補償と不要な補償を選別することができます。しかしながらネット型の自動車保険では自分で必要な補償を考えなければいけません。そのため場合によっては車を運転していてトラブルが生じたときに保険を使おうと思ったら保険の適用外だったという事も十分あり得ます。ネット型自動車保険の補償を決める際には自分がどのような運転の仕方をするのか、そして自分以外に誰が車を運転するのかを考え、補償が必要な内容をしっかりと把握したうえで加入しましょう。