代理店での契約のデメリット

保険料が高くなりがち

保険の代理店で契約をする際には、代理店のスタッフから保険の各種の説明を受けて、自身のライフスタイルにおいてどの保険が良いのかをしっかりと説明してくれます。また、保険料を受け取る機会が巡ってきた際には、その受け取り手続きのサポートをしてくれることもあります。このように、保険の代理店を利用すれば、単に保険の契約をするだけではなく、様々なサービスを受けることが可能です。そのサービス分の料金も含まれていることから、保険会社と直接契約するよりも保険料が高くなりがちであるということがデメリットのひとつです。自分で様々な保険会社の情報を集め、比較して、保険会社とのやりとりを行い、手続きをできるのならば、代理店を介する必要はないでしょう。

いい保険代理店を探すことが難しい

保険代理店と一口に言っても様々な保険代理店が存在しています。そのすべての保険代理店が同様の品質を保っているとはいいがたい状態です。保険の情報についての知識が豊富にあるのか、顧客に対して満足のいく説明をしてくれるのか、どの程度のサービスを実施してくれるのかは、各保険代理店で異なります。知識と経験が不足していることで適切な保険を紹介されない可能性もあります。中には、顧客が保険についての知識が乏しいことを利用して、代理店の利益ばかりを考えて不利益な契約を迫ってくる代理店がないとは言えません。そのような様々ある代理店の中から、有益な情報を提供し、適切な手続きを行ってくれる信頼できる代理店を探すことは難しいということがデメリットです。